歌がうまくなりたい今日この頃。


by bumblebee221
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
3年半ぶりにこちらに投稿するわけですがw
前記事でできたてホヤホヤだったこた蔵(仮名w)はあっという間にやんちゃな2歳児になっております!
なんだかんだで慌しい3年間でしたが、この度、こた2号ができまして、
こた蔵の時はどんな感じだったっけ?と思い、前記事を読み返した次第です。

ほんと、喉元過ぎれば熱さは忘れるもので。。。

前回はつわりは大した事無かった気がする…ぐらいの記憶しか無いんですよねorz

しかし今回はまだ6週に入るかどうかという時期なのに結構一日中気持ち悪い!(吐かないけど)
そしてお腹は空くけど果物、ゼリー、春雨、シリアル…といった小ざっぱりしたものしか食べたくないので
たんぱく質やら野菜やらが全然摂れませんorz

でも前回同様、笛は吹けるww
仕事も集中してれば大丈夫。

前回のように7週ぐらいから軽くなってくれればいいなぁ…
できれば会社や周囲への報告は心拍確認できてからにしたいけど(こた蔵の後1度初期流産してるし…)
この調子でだんだん悪化するようだったらそうも言ってられないなぁと悩み中。

そして超初期であるため、どこかに記録しようにも万一を考えるとSNSに書くのは安定期入ってからか生まれてからの方がいいだろうし…。
なのでここにコソーリ書いておくことにしました。

流産は超初期だったとは言えやはり結構悲しかったし
旦那が迂闊にも早々に義両親に報告してしまったために、
流産でしたという報告もしなければならなかったのはこれまたダメージ大きく。(←今回は絶対心拍確認できるまで言うな!と口止めしてある)
こた蔵の時は本当に順調に大きくなって生まれてくれて良かったなぁ…と後になるほど痛感したのでした。
しかしね、2号はきっとタイミングはかって戻ってきてくれたんだな~と感じております。
このまま順調であれば出産予定日は4/20頃なので、こた蔵の幼稚園入園式にも出席できるかも!?なのです!
また切迫早産で絶対安静!とかならなければの話だけど^^;
こた蔵が幼稚園に上がるタイミングで出産となると、確かに色々バタバタしそうではあるけど(こた蔵も保育園からガラっと環境変わって心細い時期だろうし)、電車で4駅先の保育園への送迎が無くなり、徒歩8分の幼稚園になるのは本当にありがたい!(もちろんまだ入園は決まってませんが)

まずは2週間後の健診での心拍確認が目標というところですが、なんとか順調に大きくなってくれますように!
[PR]
# by bumblebee221 | 2015-08-24 17:41

妊婦さんになったお!

またまたご無沙汰しております。
今日は4年に一度の2月29日。明日からは3月だというのに東京は大雪になりましたね~。
朝起きてカーテン開けたら予想通りの銀世界。
都心と違ってうちの周りはわりとさらさらした雪だったので、朝はいつも通りのスピードで歩けました(・ω・*)
明日の朝の方が路面凍結とか、、、やばいだろうな~。。

ところで先日ついに30歳の誕生日を迎えました!
十の位が変わるのやだなーとそればっかり呑気に考えてましたが、
そんな事どうでもよくなるレベルの変化がありまして。。。

かねてよりお付き合いしてました彼との間にお子を授かりました!
そんなわけでなんと只今妊婦ですΣ(・ω・;)

この人の子だったら産んでもいいな~
とか思ってたらできました(笑)

なので、突然の事で驚きと不安はありましたが、
新しい世代に命の鎖をつないでいくという、重大な任務を負う事ができたことを
とてもうれしく思っております!

って言うと大げさなようですが、、
自然流産の確率とか、今回初めて知ってびっくりしたんですが、妊娠12週までに15%の方が、赤ちゃん側の染色体異常などにより流産してしまうんだそうです。

ちなみに、受精卵になっても2/3はそのまま流れてしまうとか…

人が一人生まれるって、本当に奇跡なんだな~と
30年生きてきて初めて実感したのでした。

現在まだ7週なので、まだまだ安心できる時期ではないのですが…
ともあれ、先日の検診でピコピコ動く心臓を確認できたのでまずは一安心。
で、忘れないうちに記録しておこうと思った次第です。

不妊治療の実際とか、出産可能な年齢のリミットとか(この間NHKでもやっていて話題になった「卵子の老化」など)…
色々考えると、30歳はひと昔前だったら立派な高齢出産だし、このタイミングで授かったのは本当に幸運だったなぁと思います。

これから入籍やらお引越しやら、結婚式やらと慌ただしくはなりますがw
旦那さまと協力して頑張っていきたいと思います(・ω・*)

ところで、妊娠初期といえばつわり。
発覚当初はとりあえず無意識のうちにあっちこっち緊張させていたのか、
ATのレッスンで教わったあれこれを試してみても全く効果無いぐらいに後頭部が下に引っ張られる感じで苦しく、食べ物が何か気持ち悪いというより、そういう体の緊張が気持ち悪かったんですよね(><)
多少食べ物の好みは確かに変わりましたが(大好きだった韓国料理やタイ料理に見向きもしなくなった。今これは食べたいけどあれはやだ!っていう好みがはっきりしてきたり)
基本、どんなものでも食べられなくはないんですよね(笑)
どちらかというと、子供の頃から好きだったものがやっぱり口に合うというか、安心して食べられました。

で、どんな時に気分が悪くなるかというと、お腹が空いた時や疲れた時。
元々体力無いですが、更に無くなった気が…(´д`;)
いや、最初のうちはやっぱり体の緊張のせいで無駄に体力消耗してた部分もあるだろうな。

そんなわけで、食べて少し休めば大概回復します。
でもやっぱり前の様な無理は効かないな~と思ってました。

が、ここ1週間ぐらいは首の緊張がやっと緩められるようになり、
それと共に前と変わらないぐらいには笛も吹けるし、通勤で立ちっぱなしでも平気になりました!
今まで首の後ろ側の緊張にばかりフォーカスしていたけど、前面の緊張を意識してみたら、
緊張していた舌も前向きに落ち着き、全体のバランスがとても落ち着きました。
レッスンを思い出して納得、やっぱり頭は自分が思っているよりずっと高い位置にあるのが楽なようです。

首の緊張が無くなってからというもの、つわりどころか食欲がやばいww
定食もののごはんは普通サイズでも完食できるし、
ラーメンとかお蕎麦なんかは、一食分では
えーー、もう無いの?(・ω・`)
ぐらいの勢いw

その分体重もやばいかと思いきや、ほとんど変わって無くてこれまたびっくり。
恐るべし、中の人…。
しっかり栄養あげるから元気に大きくなってね~!

ほんとのつわりはこれから来るんでしょうか??
仕事もぎりぎりまではしっかりしたいし、うまいこと乗り切れるといいなぁ。

今週末は1カ月ぶりのATレッスンもあるし!先生ご自身も昨年出産されたばかりなので
妊娠中の体のバランスとか、その他諸々もたくさん教えてもらおうと思います(・ω・*)

ほんと無事に安定期に入れますように!
しっかり栄養と睡眠とってがんばります~♪
[PR]
# by bumblebee221 | 2012-02-29 17:56
一昨日は昨年6月以来、久しぶりにアンサンブル部の主要メンバーが揃っての新年会でした☆
わたしたちを指導してくださっている先生ご夫妻は、9月に赤ちゃんを出産されてからとても忙しい毎日を送られているのですが(…と書きながらも自分では想像する程度しかできず(><))
そんな中でこういう機会を作ってくださった事に心から感謝です!

ごちそうを囲んで乾杯した後は、例によってアンサンブルの時間♪
数年前のコンサートでやった曲やら初見の曲やらを
ひとしきり入れ替わり立ち替わりみんなで演奏^^

…だったんですが

やっぱりみんな基礎力上がってる!??
なかなかのクオリティで、難しいところをちょっと詰めれば十分コンサート仕様になるのでは?
と思ったのは身内びいきもあるかもしれませんが^^;
ほんと、きれいなハーモニー、曲の完成度の高さに感動でした☆

またこのメンバーで演奏できる日が楽しみです(・ω・*)


* * * *

ところで、私自身はがっつり目なクラシックのアンサンブル曲を吹いたのは11月の日光合宿以来だったんですが、ドップラーやらフリーデマン・バッハやら、指がもつれがちなデュオをほぼぶっつけで演奏したわりには指回りがスムーズだった事にびっくりしました(もちろん当社比…だけど)。
これはもしかしたら最近アレクサンダーテクニーク(以下AT)のレッスンで、腕~指先の使い方にスポットを当ててレッスンしてもらってるからなのかも!?と思い、
久しぶりにレッスン記録を書いてみます♪

いつもATのレッスンではフルート演奏時の体の使い方を中心に見てもらっているのですが
12月からはPC操作の時のストレスの無い腕の使い方をテーマにちょっと時間を作ってアドバイスをもらっています。
一応本業はオフィスワーカーなので。。

初回は気合い入れてノートPC持参でレッスンに行きました(・ω・´)
めっちゃ重かったけど持って行った甲斐があって、すごくいいヒントを頂けましたよ!

わたしの場合は、肘に力を入れて動きを止めてしまっていた事と、
両脇に力を入れて肋骨の動きを制限してしまっていた事が
ひどい肩凝りや息苦しさを生じさせる大きな原因になっていると指摘して頂きました。
で、肘で止まっていた力を指先まで伝わるように、脇を緩めるようにすると、びっくりするぐらい軽い力で済む事がわかり…

なんでわざわざ自分に関節技かけて肩や首の痛みとか呼吸困難感とか起こしてたんだろう。。と、自分にげんなりでした(-ω-;)
ATのレッスン行ってると、ほんとに自分で自分をどれだけ傷めつけているかがよくわかります。。

で、最近は仕事中肘が固まってるなーと思ったら、↑の内容を思い出しているんですが、どうしても上手くリリースできない時があります。

ほかにどこが邪魔してるのかなー。と思いながら、じっくりと意識を向けてみた結果、
やっぱり基本に帰ってきちゃいました!(◎_◎;)

つまり、
・頭は前に上に
・背中は長く広く、胴体の前と後ろは同じ面積に
・脚は股関節から離れて左右の脚も互いに離れて
・お腹の力は脱いて

肘を引き込んでいたのは背中の緊張のせいもかなりあったみたいです。
力の伝わり方は、背骨を登ってきた力が腕⇒指先と伝わって行くとイメージをすると分かりやすいでしょうか?
なので、背中に力が入って邪魔をしてしまうと、指先までスムーズに流れていかない感じがします。

でも、更に言えば、背中の緊張を引き起こしていたのはやはり後頭下筋群の緊張。
頭が自由に動けるようにしてあげる事がやっぱりはじめの一歩なんだなーと改めて実感したのでした。
あれこれ考えてやってみても結局はここに行きつくみたい^^;

複雑なようなシンプルなような…人の体って不思議です(・ω・;)

とにかくまずは基本を確認してから肘が固まってないか確認して、指先まで力を伝えるようにイメージしてみてください☆

…て言っても、実際にレッスンを受けてみないと多分この感覚は分からないと思うので^^;
気になる方はぜひお近くのATの先生に一度レッスンしてもらってください♪
(別に回し者じゃないですけどね。。)

ほんとはフルートを吹く時の舌の緊張とか動きの方向性みたいな話もものすごく収穫大きかったので忘れないうちに書いときたいんですが…(指回りとタンギングはかなり密接に関わり合ってると思うので。)
これはまた別の記事に改めます(・ω・*)

そんなわけで今週末はまたレッスンです♪
どんな発見があるか楽しみ!
[PR]
# by bumblebee221 | 2012-01-24 12:56

You Must Believe In Spring

e0035300_1526273.jpg

When lonely feelings chill
The meadows of your mind,
Just think if Winter comes,
Can Spring be far behind?

Beneath the deepest snows,
The secret of a rose
Is merely that it knows
You must believe in Spring!

Just as a tree is sure
Its leaves will reappear;
It knows its emptiness
Is just the time of year

The frozen mountain dreams
Of April's melting streams,
How crystal clear it seems,
You must believe in Spring!

You must believe in love
And trust it's on its way,
Just as the sleeping rose
Awaits the kiss of May

So in a world of snow,
Of things that come and go,
Where what you think you know,
You can't be certain of,
You must believe in Spring and love


You must believe in love
And trust it's on its way,
Just as the sleeping rose
Awaits the kiss of May

So in a world of snow,
Of things that come and go,
Where what you think you know,
You can't be certain of,
You must believe in Spring and love

You must believe in Spring and love
You must believe in Spring and love

****************************************

遅ればせながら明けましておめでとうございます!
今年もすっごい気まぐれに脈絡なく更新すると思いますが、ひとつ宜しくお願いします(・ω・*)

さて。

一年で一番寒い時期が今年も来ちゃいましたね。
2月生まれのくせに寒さが超苦手なわたくし。。

毎年、今年こそ冬は越せないんじゃないかって気がしてガクプルなんですが、
先日ヒートテックとそのまがい物みたいなやつを試しに買ってみたところ
あまりの体感温度の違いにびっくりでした!!
ほんとに効果あるんだー。。。

かわいくないからって避け続けていたわたしが愚かでした。
うにくろさん、ごめんなさい。

というわけで、いともあっさり冷え克服w
ぬくぬくな毎日は幸せですね♪
ついでにピラティスとかヨガとか、そんなスタジオにも微妙に通い始めたので
自家発電できる体を目指してがんばりたいと思います(`・ω・´)


前置きが長くなりましたが、↑にがっつり引用したのは
ジャズのスタンダード、You Must Believe In Springという曲の歌詞です。

この曲名がタイトルになっているBill Evansのアルバムについては
別のところでもちょいちょい書いてた気がしますが、とにかく大のお気に入りでして。
多分、わたしのiTuneでは再生回数ダントツだと思われますw

タイトルから何となくこの曲についてのエピソードが知りたくなってググったところ、
上記のような歌詞がある事がわかり、引用してみました^^

「冬来たりなば春遠からじ」という感じでしょうか。
愛する人を失った孤独の中にいる友人(もしくは自分自身?)を元気づける言葉が
とても美しい比喩とともに歌われています(´ω`*)

深い雪の下にうずもれているバラは春がやがてくることを知っている。
葉を落とした木々もこれは一時の事で、やがてまた新しい葉が芽吹くことを知っている。
凍てつく山も雪解けの流れがどんなに美しく澄んでいるだろうと夢見ながら眠っている…

だから君も春の訪れを、新しい出会いを信じなさい!
どうしようもない寂しさも、めぐりゆく季節の一部でしかないんだから。

すっごいざっくりですが、こんなような意味でしょうか。

一番すてきだなぁって思うのは、

You must believe in love
And trust it's on its way,
Just as the sleeping rose
Awaits the kiss of May

というところ

"5月になって花を咲かせた時、誰かが口づけてくれる日を待ち望んで眠るバラのように
いずれ巡りあうはずの愛を信じて!"


イメトレ重要!

って事でしょうかw
失恋した時とかは、もうこの先あんな素敵な人とは出会える気がしない!!とか思うもので
とてもこんなバラさんのようにうきうきした気分にはなれないと思いますがw
沈んだ顔して影しょってるよりは、妄想激しめでもうきうきしてた方が確かに出会いはありそうかも…

…なんだかどんどん俗っぽくなってきてしまったΣ(・ω・;)

まぁそんなわけで。
本当に春は来るんだろうか…って、気が遠くなるこの季節ですが、
この詩を読んでると、春を待ちわびるこの感じも悪くないなーって気になりますね♪

あと約2ヶ月。
あたたかく空気の緩む日を信じつつ、
風邪やインフルエンザには気をつけて過ごしましょう~!

あ!!
それから、3月24日(土)に、約1カ月遅れのバースデーライヴをやります!!
場所は多分相模原になるかと。
詳細はまた追って…

今回はクラシックもやってみようかと思ってます。
あと、ギターデュオとのユニット、dandelionも1日限り復活させてみようと思うので
まだ先ではありますが、お時間あればぜひ、遊びに来てください♪

最後は宣伝でしたw

ではでは(*・ω・)ノシ

※※写真はうちの近所の木蓮。着々と春支度中。※※
[PR]
# by bumblebee221 | 2012-01-12 12:54
今週末、12月10日は、12月恒例となりつつある(?)アニソンライヴですw
1回目と2回目は秋葉原のカフェでやったイベントなんですが、そのハコだと平日夜しかできない&ドラムが入れられない…という制約があったので
今回は思い切って相模原での開催に決定しました♪

12/10(土) 乙女バンド(アニソン部)ライヴ@相模原Stray Blue Jazz Club
14:00 Open, 14:20 Start

原つながりではありますが…秋葉原と相模原では集客に多大な影響があることは間違いなく。。。
しかも今回は10月の自分リーダーのライヴが終わってから準備に取り掛かったのでいろいろパツパツで(><)
準備に気を取られていたら告知がおろそかになってますー(・ω・`)

ご近所の方はぜひ!みんな来てね!!

ちなみに、このライヴで予定しているディズニー映画「リトルマーメイド」の劇中歌、「Under The Sea」の動画を
今朝の通勤電車でみていまして。
ロブスター?伊勢海老??のセバスチャン(主人公アリエルの執事的な…)が歌ってる、オリジナル&フルバージョンなんですが、
これがもーーーぅほんっとにカワイイ!!!(>ω<*)
ラテンのリズムにスチールパンで南国の海~って感じの曲なんですが、やっぱり楽しい曲を朝から聴くと気分が上がりますね~^^
つい電車の中で一人ニヤニヤしながら聴いちゃいましたw

昨日はようやくメンバー全員揃ってのリハをやる事ができ、ほっと一安心^^;
やっぱりドラムとベースが入ると曲がびしっとしゃきっとします!
特にロックの曲が今回は若干あるので、ドラム入った瞬間のきたーーーー!って感じがハンパなかったです(´ω`*)
時間の都合で当日リハに賭けてる曲もいくつかありますが…(爆)そんなスリルもお楽しみ頂ければ幸いですw

今日と明日は衣装にアイロンをかけて。
ソロや歌の練習をして。
睡眠と栄養を十分にとって。。。(←最近疎かすぎるorz乾燥がぁーーーほんとヒドイT T)
ヅラを上手にかぶる練習をして。
明後日に備えたいと思います(・ω・´)

そんなわけでお待ちしてます!!
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-12-08 12:35

セッションライブの巻

今週は、週のアタマ、月曜日から会社帰りにライヴなんかやってしまいました。

…といっても自分がリーダーではなかったんですが^^;
前に一度遊びに行ったセッションのホストの方と、そのセッションに誘ってくださったサックス吹きさんから、何曲か乗らないかと言われ、調子のいいラブ子は、自分の実力も大して考えずに二つ返事で参加することに。

しかし難しい曲が多くて、テーマからして怪しい曲もいくつか。。。
メンバーもまだ1度お会いした事があるかないかぐらいのつながりで、リハも無し、
インとアウトも何も決めずに完全なセッションライブという。。。

雨の月曜ということで、さすがに飲みに来る人も少なく
わたしの知人とお店の常連さんがやっと来てくれたぐらいで。

一人でもお客さんがいればしっかり気合い入れて演奏しないと!と思いつつも、
なんだか緊張感のない演奏が続いてしまいました(´・ω・`)

曲としては一応スタンダードブックの中にあるものを集めてやったのですが、
それぞれメンバー全員やり慣れないものばかりだった事もあり、拍感がとても揺れてしまったり、構成がおかしくなってしまったり…フロント的にはちょっと船酔い状態でした(><)

そんなこんなで、内容的にははっきり言ってイマイチ!バンドとしてのまとまりは皆無!!
の、ちょっと残念なライブでしたが
幸い(?)お客様もまばらだったので、飲み物代だけでたっぷりセッションできた&曲のレパートリーがちょっと増えたと思えばまぁいいか!って感じでした(爆)
ニガテなCのキーの曲もいくつかあったから、2-5フレーズ仕込んだり…
いい練習にはなりました^^

まぁ、ライブやろうと言うからには、ほんとはこんなんじゃいけないんですけどねー。。。

今回限りという事で。


さて、そんな教訓も得たところで、12月には今年最後のリーダーライブです!!(・ω・´)
来て下さるお客さんたちにはたくさん笑って楽しんでもらい、
演奏する私たちはやりたい事やってお客さん以上に楽しもうという企画ですww

衣装はもう発注しました☆
アレンジが相変わらず慣れなくてどうしたらいいか悩み中ですが、
至らない部分はメンバーそれぞれが補ってくれる事を期待しつつ(ほんとお願い~~~!!)
頑張りたいと思います!

皆様ぜひぜひ遊びに来てください♪

12月10日(土)14:00 Open, 14:20 Start
乙女バンド(アニソン部)Live
@相模原Stray Blue Jazz Club(http://music.geocities.jp/straybluejazzclub/

歌練もがんばろ…(・ω・;)
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-11-16 19:24
7月28日の記事に書いた顎の緊張について、思うところがあったので追記です~(´ω`)

先月~今月は、週末に予定が立て込む事が多くて、ATレッスンの間隔が空いてしまってまして。
実は先週はずっと調子が悪かったんですよね(><)
特にたくさん喋った後の疲れがハンパなくて、息苦しい感じと、更に左側の背中~肩~鎖骨あたりに筋肉痛のような痛みがあって息を吸うと痛かったり。
呼吸が下向きになってるなーと思って上に向かって吐くようにしたり、股関節とか膝関節とか肩甲骨の下を緩めてみたりするもなかなか調子が良くならず、結構つらかったんですが。

たまたま見つけたボイストレーナーさんのブログを読んでいたら、「盆の窪を解放する」っていう話が載ってまして(http://ameblo.jp/hamadamami/entry-10940398286.html

微妙にニュアンスは違うけど、ATに似てなくもないなーと思ったら、
この方、ATもたしなんでいらっしゃったようでしたw

盆の窪の緊張を緩めるって、要するにアレクサンダーテクニークで言われる後頭下筋群を緩めて頭と首のジョイント(AO関節)を自由にする…っていうのに相当する表現だと思います。

ATでも、まずAO関節のリリースから話が始まるんですが、
ぶっちゃけ私はココのリリースの仕方が時々よく分からなくなりますw
ある時はちょっと後ろ固まってるなー。緩めなきゃ。
と思っただけでゆるんだりもするし、どんなイメージと知識を動員してもダメな時も(特に仕事中(><))。。

でも今回↑のブログ記事を見ながら自分の体にフィードバックした時に、
後頭下筋の緊張と連動している顎の緊張が犯人かも!?って事に思い当たり、
7月にATのレッスンで教えてもらった顎のリリースを試してみました。
これも最近なかなかうまくいかなかったので、またレッスンで聞かなきゃと思ってたんですが、
顎を下に前に、と同時に頭を後ろに上にと方向づけたら、
押し込まれていた顎が前に解放され、頭も後頭下筋の緊張から解放されて上へ向かって軽くなりました♪

更に、顎を手前に引きこんでいたせいで圧迫されていた気道が開き、呼吸がようやく通り始めました(つд`)
最近ずっと苦しかったのでほんとにホッとしたー。。
ついでに、頭が上に向かう事で、まっすぐ正面を見られるようになるので、目の使い方も変わるみたいです。

あまりに久しぶりに気持ち良い呼吸ができるので、12月のライブで歌う予定の曲たちを早速練習♪
我ながら声量が全然違うし、歌ってて苦しくないので伸ばす音も安定感が出ました☆
仮にも人前で歌うので、多少は聴ける歌にしないと^^;

ちなみに、顎を引き込む癖は、英語の歌詞だと出にくいんですが、日本語の歌詞だと出やすいみたいです(・ω・;)
日本語喋らずに日々生活するわけにもいかないのでw
次のレッスンではその辺も見てもらおうと思います♪
今週末、楽しみだ~^^
今度は笛じゃなくて歌を見てもらおうかな…w
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-11-08 23:53

口角

AT関係のブックマークの中から、思い出して読み返してみた記事。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/easemethod/view/20090412/1239463774

口角を上げると呼吸がしやすくなる、っていう内容なんですが、これがほんとにほんとなんですよね。

普段から口角が自然に上がってる人は、気持ちよく呼吸できてる人。
頭が自然に上がって首や肩に緊張がなく、体の使い方が上手な印象があります。

逆に、口角が下がってる人は、呼吸が浅くなってしまっているかも。
猫背気味で疲れた印象。実際疲れてるんだと思う。

外を歩いていると大体の人は口角が下がり気味な気がします。
口角を意識的にでも上げてみるととても気持ちよく、頭もすっきりするんですが
周りが険しい顔してる人たちばかりだと何となくその空気に呑まれるんですよね(><)
気づくと自分も仏頂面になってたり。。。
とはいえ、ラッシュの電車でにこにこしてるのは結構勇気が要る(笑)
うっかり人にぶつかっちゃった時とか、ケンカ売ってるんじゃないかって思われたらどうしよう…とか、
なんか警戒感が薄いような気がして、不安を感じてしまうのはわたしだけでしょうか??
都会ってやっぱり不健康になる気がする。。。うーん。

しかし、外を歩くときは若干引き締まった顔にしておくとしても、
人と話す時とかは、絶対口角が上がってた方が好印象であり、楽しい会話ができるのは間違いありません。

↑の例でも同じ事が言えますが、人は無意識のうちに周囲の人や相手の表情に自分の表情をシンクロさせているもの。
わたしの実体験としては、口角がいつも下がってる人に対しては、その人本人に対する事でなくても、文句や不満、皮肉など棘のある話しか口から出てこなくなります。
なんか怒ってるのかな…?という不安に打ち勝つためなのか、先手必勝とばかりにとげとげしい事を言ってしまう。

逆に、デフォルトで口角が自然に上がってる人に対しては、不思議なくらいそういう面白くない話が出てこないんですよね。そういう話をする気がまず起こらないんです。
自分も気づくと笑ってばっかりになってるものです。

愚痴ばっかりこぼされる

そんな覚えがある人は、自分の表情がそういう話をさせてしまっているのかも!?(・ω・´;)

そういう自分も元々強力な猫背で、AT勉強中とは言えまだまだ根強い癖を持ってます(><)
どっちかというと口角も下がり気味になる事が多いし、慣れない相手だと特に相手の感情をいちいち探りながら話す事になるので、表情が微妙にひきつりますorz

なんだかあの人といると楽しい気分になれる♪

と思われる人になりたいものです(´ω`*)
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-10-20 20:36

最近読んでる本とか

最近、東野圭吾の小説をよく読んでます。
先月の台風の日、猛烈な暴風雨のために電車が途中駅で止まってしまい…
仕方なく雨宿りに入ろうとしたカフェの向かいにちょうど本屋さんがあり、

面白そうなのないかなー

と、適当にふらふらしてるうちに見つけたのが、10/8~映画が公開されている

『夜明けの街で』

でした。
推理小説は嫌いじゃないけどハマると続きが読みたくなって寝不足…というパターンになるので極力避けていたんですが^^;
これはかなり面白かった!

謎解きと同じぐらいに楽しめるのが主人公とヒロインの不倫の恋の行方なんですがw
不倫してしまった(orしたい)男性の気持ちがすごーーーくよく分かる(笑)
あまり書くとネタバレなのでやめておきますが、、、
恋愛のドキドキワクワク感ていうのはいくつになっても強力な魔法なんですね(´ω`*)
そしてどんな場面でも女性の方がいつも一枚上手なんですねwww

まぁ、不倫とかそういうのは小説の中だけで楽しむのが良いと思われます。

映画では岸谷五郎と深田恭子が主演という事ですが、配役が超ぴったり!!
脳内で映画再生しながら読みました。

東野圭吾は以前、『手紙』を読んだ事がありましたが、テーマがけっこう重く、読後感がどんよりだったので(でも、物語としてはすごく面白かった!)、ほかの作品は読んでなかったんですが
今回かなり楽しめたので、続けて『眠りの森』『どちらかが彼女を殺した』を読み、『探偵ガリレオ』を昨日から読み始めたところです(´ω`*)
ガリレオシリーズはテレビでもやっててちょろっと見た記憶があり、読み始めたらやばいだろうなーと思いつつ手を出してしまいました。。

以前は小説には感動を求めていたような気がしますが、
本気で感情移入しすぎて疲れたりするので最近は軽ーく読める娯楽系に走ってます。。
ひどい時はまじ泣きのあまり過呼吸になるし(‐_‐;)
現実世界で精神力使う機会が多くなければたまにはいいんですけどね。

そんなわけでガリレオシリーズ一作目。
どんな感じに展開していくのか楽しみ~♪
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-10-20 19:32
最近アレクサンダーテクニークのレッスンには
前よりもコンスタントに、2~3週間に一度ぐらいのペースにして通ってみてます♪
先立つものが…ですが、今の自分に必要な投資だと思うので(・ω・´)

その分飲み会とか外出を控えて…と思いきや、なぜかそっちも増えてるw
でも、最近のお出かけ、飲み会や食事の80%は
考えさせられるような話を聞けたり、世界を広げてくれる人との出会いがあったりと
なんだかとても学びが多いんです。
そういう時期なのかしら。

で、今回もATのレッスン記録w

Twitterには忘れないうちにとメモってましたが、前々回のレッスンの時、とても大きな変化がありまして。
なんと、それから1週間は肩凝りが完全に無くなってしまったのです!!
その後はたまに復活してしまうものの、原因が股関節にあることはほぼ間違いなく分かったので、
股関節に間接的にアプローチする事で大体解決してます♪

この日は今までで一番収穫の大きかったレッスンで、そのTwitterのメモがレッスン直後に書いたものだったので内容的にも自己流に咀嚼される前の鮮度の高い記録なので、そのまま転載します。

9月10日の投稿より↓↓

アレクサンダーのレッスン行ってきた♪息を吐く時、何か喋る時の息の方向がかなり下向きになってるとのご指摘。思っているより上をイメージすると、顎が疲れず、息を吐く時の筋肉の動きが理想的になるとの事。やってみてすごく納得!

ちなみに、下向きに息を吐くと鳩尾らへんを押して吐くようになるので苦しくなるって…実感あり(>_<)

しかし、上に上に…と思ってると目線が先に上に行ってしまう。。「目線はまっすぐでいいよ~」と先生に言われる事数回^^;明後日の方向見ながら喋られたら相手も困りますもんねー。。

あと、肋骨が浮いてしまうのは股関節が内側に向いてお尻が後ろに出てるのと、背筋を伸ばそうとして肋骨を前に押してる為と発覚。前に押すんじゃなく後ろ+上に浮かせるようにして前を広くすると、きれいで楽な姿勢に☆イメージしている動きと実際に起こってる動きの違いって大きいなぁ…

フルートの奏法については、やっぱり内股気味の股関節が呼吸に大きく影響している事を痛感(>_<)内股気味になるのは小指側に体重が乗りにくいせいみたい。あと、気をつけてるつもりだったけど、膝と股関節を固定してしまいがちになってた事にもご指摘が。

その辺に気をつけると一週間笛吹いてなかったのが嘘のようないい音でました^^;てか練習しないと…

自分を含め、内股気味の女子多いけど、いい事なんてなんも無いですよ!!海外の人からは馬鹿にされるし。内股にするのはコスプレする時だけにしましょう☆

---------------------ここまで☆---------------------

膝と股関節の固定についてのご指摘があった、ってことについては、ごくごくサラっとしか書いてませんが、
実はココが超重要で。
この時初めて股関節と膝のお皿を抑えつけている緊張をはっきりと認識して緩めることができたのでした!

股関節の位置を認識すること、固めずに使う事の重要性については特にボディーマッピングの本などで読んで頭では理解してたつもりでしたが、実際の股関節の位置って、かなりあいまいにしかわかってなかったんですよね。。
それが初めて、そこにあったのか!!って分かった感じでした。
膝も同じ。どちらかというと、曲がるのは膝の後ろ側!という認識をしていたので、後ろ側に力を入れすぎないようには気をつけていたけど、前側はそう言えば全く意識してなかったような…
本当に、当たり前になってる緊張は気づきにくいものです(><)

股関節と膝を解放したことで起こった事は、
①肩凝りが消えた!
②お尻が小さくなったw
③足がスキップしたくなるぐらい軽くなって安定した!

特に②は、同時にお腹もへこんだので、普段ジャストサイズのスカートがゆるゆるになっちゃいました(・ω・;)

時間が経つにつれてすこーしずつ元の癖に戻っていきましたがw
それでも完全に元通りではなく、気づいたときに順番に緩めていくと
この時ほど劇的ではないにしても再現できるようになってます♪

股関節と膝!と、そこにばっかり意識を集中すると逆にうまくいかないけど、このレッスンでやったみたいに
肋骨を前に押さずに後ろ&上へ、胸の前を広く…と、頭を前に上にももちろんセットでやるとスムーズ。
やっぱり体って繋がってるんだなぁ。

この次の回では引き続き股関節が内側&後ろにいってお尻が落ちてしまいがちになる癖と、顎の動かし方の癖にアプローチ。
顎が固まってきたな…と思った時は、自分でもwhispered "Ah"(ささやく「アー」)をやってみてます。
声に出さずに息だけでも十分効果アリ!

そんなこんなで次回はまた明日♪どんな発見があるか楽しみです^^
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-10-14 21:46
ATの先生が産後2カ月で復帰してくださったので!!
早速先日、土曜にレッスンに行ってきました♪

かなーり間が開いていて、その間、ストレートネックの症状が強く出て接骨院に行ったりもしたんですがorz
(背中が苦しくて息がうまく入らず、熟睡感の無い日々が1週間ほど続いたのでした(><))
やっぱりこれじゃ根本的な解決にはならないな(´ω`;)
と、2回通院しただけで早々に見切りをつけ、自力でATの練習をしたり、
ロルファーさんのブログから色々学んでみたり(こちら⇒http://ameblo.jp/rolfer-yuki/ 超オススメです!)
なんとかやり過ごしてやっとレッスンだったので、
今回はいじるところ多くて1時間じゃ終わんないんじゃないかなー。。。
と思ってたんですが。

やはりさすが!

今回は3点、ポイントが見つかりました♪

まず、今回最大のテーマとなったのが、お腹の緊張。
お腹…と言っても表層近くの筋肉が、必要以上に頑張っている…ということ。
テーブルワークで脚を動かす場合も、お腹に力が入っていると、若干動きが制限されます。
そんなに自分では力を入れてる自覚が無かったんですが、
言われて意識を向けてみると、確かに力を抜く事ができる。
そして力を抜いた状態で脚を動かしてもらうと、すんごいスムーズに動くんです!

その後のチェアワークとか楽器を使ったワークでも、意識を向けてみるとお腹に力、、やっぱり入ってる。。
表面に力が入るってことは中(いわゆるインナーマッスル)が使えてないってことなんだろうな(´ω`;)

楽器を吹くときは、腹式呼吸にお腹の表面の筋肉(腹直筋)を、息を吸うときにもがっつり動員してしまいがちな事に、そう言えば以前自分でも気づいていて、お腹を使ったタンギング練習をするうちにうまくインナーを使えるようになる事を発見したんですが、デフォルトの状態ではやっぱり反り腰でぽっこりした下腹をお腹の表面の筋肉で抑えつけるような立ち方になってしまうので、どうしても腹直筋優位になっちゃうんですよね。

というわけで、お腹の緊張と腰の緊張はセットなので、両方の緊張を手放す必要があるわけです。
さらに言えば、人体は立体的にできてるので、脇腹の緊張ももちろん、さよならしなければいけないんです。

その状態で、本当に演奏に必要な筋肉を上手に使う練習として提案されたのが、
つま先立ち!

お腹からぐっと背伸びするのではなく、シンプルに足裏だけを使ってつま先立ちに。
…この時点でNG連発でしたが(つд`)
何度かやるうちにコツがわかってきました♪
で、この状態で吹いてみると、確かに息が楽に、力強く出す事ができます!
そのままの感覚で足を元に戻してまた吹いて…
という練習を重ねるうちに必要な筋肉を使って、不要な緊張は抑制できるように…なるかな?(実験中)

先生曰く、お腹を引き上げるような緊張がある事で、肋骨も持ち上がってしまうのも息苦しさを感じる原因では?との事。
…あると思います!

ちなみに、インナーをうまく使えるようになると、体の真ん中に軸が一本通ってすごく安定します。
逆にいえば、インナーを使えてないからアウターで支えようとしてくれてるんですよね。
要らない仕事させちゃってごめん。。と自分のお腹や肩に謝りつつ…
じゃあ、インナーをうまく使うためにはどうしたらいいのか??

やっぱり頭を脊椎の上でバランスさせる、地面に向かう力と空に向かう力を感じる(上下に体が伸びるような感じ)
…に尽きるんですかねー。

先生の手を借りれば一瞬で頭はバランスポイントを見つけられるんですが、
自力だといろんな癖が邪魔をしてなかなか辿りつけない事も。
特に影響が大きいのは目の使い方と顎かなぁ…。
どっちも繋がってるのでパーツで分けるのはナンセンスかもしれないけど。

首~肩だけじゃなく足の裏にも詰まり感(むくんで攣りそうな感じ)を感じた時、色々試す中で、先日教わったように顎の緊張にアプローチしてみたら、顎が解放されると同時に首~肩と足の裏も同時に弛むのを感じてびっくり!
体はやっぱり繋がってるんだな~としみじみ感じたのでした。

目については、どうしても一点をフォーカスするような狭い視野でものを見る傾向が強いんですが、
この見方だと体が緊張しやすく、インナーよりアウターの筋肉を使いやすくなるんだとか。
なので、眉の上がずっしりしてきたなーと感じたら、後頭部から広い視野で見るように意識的に切り替えてみると緊張が弛みます。

顎と目はどっちかに緊張を感じる時、実はどっちも緊張していたりするので
セットでアプローチすると成功率が高い事が最近分かってきましたw

で、その目についてですが、これが今回の2つ目のポイント。

今回はいつもと違うところにアプローチをされて、お!と思ったんですが、
それは頭皮!

鼻の延長線上で、前髪と後ろ髪の分かれ目あたりを軽く2本の指で後ろに押しながら、
これが前に向かいがちなんだよね~
と指摘した先生。
このちょっと押しがめっちゃ気持ちいい(´д`*)
ヘッドスパ、もしくはそれ以上です!!
要するに頭皮が緊張して前方に向かいがち!という事を指摘されたわけなんですが、
これを後方にもどしてやると、目の上の重い感じが一瞬ですっきりするんです☆

前出のロルファーさんの本によると、足裏から眉の上まで、膝裏、お尻、背中を通ってつながっている筋膜のラインがあるんだそうです。
なので、頭皮を後ろに戻すと眉上も一緒に弛んでくれる。

…てことは、目を緊張させる事でこの筋膜を前に引っ張る事が、頭・首・肩の緊張にもつながってるのかも?

そんなわけで、とにもかくにも目の使い方は大事だな~と再認識したのでした(><)
一日PCに向かってる仕事だとどうしても気づいたら疲れてたりするんですけどね。。。

そしてもう1点は、やはり肩と腕の動かし方!
ほんとにこれは私の中で今一番大きなのテーマ。
というのは、腕の動かし方の癖が胸椎を固めてしまい、それがストレートネックの原因になっているようなのです。

そうして意識を向けてみると、手のひらから二の腕まで、確かに不自然な緊張が(><)
しかし緊張させずに使うのはとっても難しいのですorz
基本的には肘を外+下へ、手首は内へ…がうまくいくと、肋骨を圧迫することなく腕が楽に動いてくれるんですが、うまくいかない事も多々。。

でも、今回のテーブルワークで、先生に肩口にそっと手を置いた状態で、私の手を持って腕を動かしてもらうと、動かす必要の無い些細な動きの時でも、肩がぐいっと前に出ようとする反応を発見!
これは抑制できるようになるまで、少し時間がかかりましたが、はっきりと要らない力の存在を認識できました。
感覚としては、肩を敢えて感じないようにするというか、肩の部分がぽっかり透明になるようなイメージにしたら抑制しやすかった^^;
普段逆に意識しすぎなのかも?

ついでに一瞬息を止めて腕と胸の境目辺りに力を入れてから腕を動かす癖もあるらしく、
この部分の緊張が前肩気味になる大きな原因かも…と感じています(><)

腕の使い方についてはまだまだ探究が必要な感じですが、腕による肋骨の圧迫が呼吸の制限につながっていたりもするようなので、早くなんとかしたいです(-ω-;)

うーん、やっぱり肘だと思うのよね~。感覚的に違和感あるもの。

また2週間後にレッスンを予約できたので♪
次回は引き続き腕の動かし方についてみてもらおうと思います^^
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-08-31 17:37

夏休み2011

夏休みが終わった途端に急に秋風が…な、今日この頃。
気温は確かにまだ30℃ぐらいあるようですが、空気はからっとしてきて気持ちいいですね~(´ω`*)

今年は祖父の初盆だったので、お盆の時期に夏休みを取って家族で秋田へ。
…の前に、世界遺産になりたてほやほやの平泉に1泊。
中尊寺にももちろん行ってきました♪

一泊した翌朝早めに宿を出て中尊寺に向かったので、
着いた時はわりと涼しく、森林浴をしながらの激坂登りw

金色堂はそれだけ見ると、ただの成金趣味な建物なんですが
併設されていた史料館を見た後だったので、予備知識も仕入れる事ができ、
装飾のディテールなんかもじっくりと見て楽しむ事ができました^^

中尊寺を見た後は近くにある毛越寺も…という話だったんですが、
金色堂を見終わった頃には日が高く昇っていて、もはや寺どころではない暑さに…(´д`;)

…無理はせずに早々に秋田へ向かいました。。



秋田からの帰り道で福島に寄って父方のお墓にお参り。
震災の爪痕をいくつか見ました。

東北方面は、どこまで行っても青々とした稲穂の波で、
見た目にはいつもの夏と変わらない光景でした。
東北は農業がだめになってしまったら本当に生活が成り立たない地域。
福島の、父方の実家でもお米や桃を作っているから、おじさんたちの言葉はずっしりと重かったなぁ…
原発事故の影響がどうか出ませんようにと願うばかりです(><)

一日置いて今度は長野へ!
蓼科と松本に宿を取って2泊3日で遊びに行ってきました。

初日は気持ちのいい晴天で、牧場でのんびり♪…いなごがわらわらと飛び交ってましたw
各地でこの夏最高気温を記録した酷暑の日だったけど、この日も蓼科は爽やかな高原の風が吹いていて、宿は冷房要らず。
食事もおいしく、お風呂も温泉ではないにしろ、麦飯石のお湯で、気持ちよくあったまりました(´ω`*)

二日目は生憎の雨…だったけど、女神湖に着く頃には霧雨程度になってたので、お散歩も楽しめました♪
霧が出てしまってロープウェイとか美ヶ原高原のドライブは残念ながら予定を変更せざるをえなかったけど(助手席で爆睡スミマセソm(_ _)m)、松本に着いたらお天気回復してたので、松本城に入ってみることに。

お城なんてどこも似たようなもんかな~と小田原城あたりを思い浮かべていたんですが、
これがなかなかスリリングで(笑)景観も良く、思いのほかナイス城でした☆

この日のお宿は、建物はちょっと古いけど部分的にリフォームしてあったりで居心地は悪くない、町中の旅館…て感じでした。

が、

普通じゃなかったのは食事の量!!
これでもか~~ってぐらいたっくさん、次から次に出てくる出てくる^^;
でもおいしかったからかなりがんばって食べましたw
お風呂入る前に体重測ったら、出発前+1.5kg。。。
前日分もあったと思うけど、冷や汗でしたorz
朝食は量もほどほどでおいしかったな☆お粥が胃に優しかった(笑)

三日目はお土産買って帰路へ…
長野は今までも何度か行った事あったけど、空気がとってもきれいで気持ちいい!!
ほんといいところだわ~♪
また行きたいな^^

ちなみに彼は帰って来た足でいつものジャズバーへ行ってライヴだったのでした^^;
私はまったり聴いてるだけだったからお気楽だったけど…ほんとお疲れ様でした!

ちなみに、旅行中増量した1.5kgは、その後3日間ぐらいの彼さまシックのおかげで
あっという間に元に戻りましたw

秋には伊香保温泉に行こう計画中♪
涼しくなってきたらもっと温泉気持ちいいだろうな~^^


写真はまた後日…忘れないうちに載せよっと(・ω・;)
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-08-29 19:14
長々と間が開いてしまいました。。

震災があってからは家でPCを開ける事自体極端に回数が減ってしまったので
最近はもっぱらつぶつぶとつぶやくばかりなんですが、

なんだかんだで元気です(´ω`*)

前回の投稿以降もアレクサンダーテクニークのレッスンは断続的に続けてるんですが
やっぱり書き残していかないと忘れていってしまうものです。。orz

というわけで、一番最近のレッスンの記録を。
…て言ってももう2カ月も前の話になってしまったので、だいぶ記憶も薄れてるかも(T T)

5月のレッスンは、その前の回から少し間が開いていました。
で、いつもの通りまずテーブルワーク。
腕をぶらーんとしたり、肩甲骨の辺りを軽く動かして誘導してもらうと、腕が弛んで肋骨から外れます。
呼吸がとっても楽になって気持ち良い~

どうもいわゆる「巻き込み肩」になりがちなので、この感覚を思い出して時々弛めるようにしています。
肋骨の動きを制限してしまっている原因、やっぱりまだよくわからないんですが、あっちこっちが相互に関わり合ってバランスを取っているものらしいので、上を考えながら

・胴体の前と後ろは同じ面積!って思い出す
・いわゆる丹田を思い出す

などが弛める助けになったりします。

テーブルの次はチェアワーク。
今回言われた大事なポイントは、

  足の親指側にばかり体重が乗っていて、小指側に乗っていない

ということ。
座るときも立つ時も、「小指側」と考えるようにアドバイスを頂きました。
確かに内腿に力が入りがちなのは前から自覚があったのですが、言われてみて納得。

小指側に行けー!

と思うと内側⇒外側に広がるように力が分散されます。
腰を反って立てた…と思っているけど実際には骨盤は傾いている状態…で座るのに慣れているため、とても腰を丸めて落として座っているように感じ、ホントにこれでいいのかなー(・ω・`;)という気になるのですが、実際には背中が広がってとても楽!
楽だけど慣れないから違和感が~~!…という体験が、ATのレッスンではすごくたくさんあります。


そして、チェアワークを一通りやった後はフルートを使ったレッスン。
いつもは呼吸の仕方に特に重点を置いてみてもらうんですが、この時はそれ以外で一番気になっている点…タンギングをみてもらいました。

普段しゃべる時も滑舌悪い私ですがorz
笛吹くときもやはり、舌の緊張を強く感じます。

そんな事を先生に相談すると、片手で両頬を掴んでみるように言われました。
(言葉で説明するのが難しいんですが…右手親指を右頬に、その他の指を左頬に。で、軽く掴むようにするんです。)
その状態で頭は上に…と考えながら、顎のとんがりが前に下に伸びていくようにイメージするというか、そっちの方向に力の流れを作っていきます。

そんなん考えた事も無かったので(笑)

最初はほっぺを掴んだヘン顔のまま、「こ、こうですか??」と戸惑いましたが
「そうそう、もっともっと~」と先生に言われるままに一生懸命顎のとんがりを前に~と考えてみましたw

そして、、、

「じゃあ、そのまま『あいうえお』とか何かしゃべってみてください」

と言われ、またもヘン顔のまま「あいうえお」、言ってみました!ww

これは本当にびっくり!

今まで「あいうえお」って言うだけでもどれだけ無駄な力を使ってたんだ、、、
そして唇をなんでもっと有効活用していなかったんだろう。
自分の口じゃないみたいに軽やかに発音できるんです。

舌の緊張が…無い Σ(・ω・´)
しゃべるのに顎って大して積極的に使わなくて済むもんなんですね。

頬を掴んでいた手をそのまま下にずらし、今度は顎を軽くつかんで、先生曰く

「この部分が緊張してると舌が緊張するんですよ~」

と!
なるほどーー!!!
つまり私の場合、顎を引きすぎていたことで舌が緊張し、タンギングや滑舌が悪くなってたようなのです。。

ではなんで顎を引く癖がついてしまったのか?というと、どっちが卵でニワトリなのか分からない話になるけど、
後頭部を沈み込ませる事も一因、笛の支え方も一因…
いずれにしてもどこかのバランスが崩れると体全体で崩れたバランスを補正しようと連動するらしいので
結局は基本の「頭が頸椎の上で自由な状態」に戻してやることで全体のバランスが整ってくるようです(´ω`*)

複雑なような単純なような。

タンギングがいまいち調子悪いと思ったら、顎が引かれて固まっている事を疑ってみる。
同時に頸椎が押しつぶされて窮屈になってないか確認してみる。

…疑うまでも無く、確認するまでも無く、調子悪い時は大体そういう状態に陥ってるはずなので
首の後ろの緊張を解放しつつ顎先をびよーんと前&下に出していくのを試してみることに、最近はしてます。

顎がいい感じに力抜けて、引かれずにいると、音を響かせる為に使う空間の位置が今までよりも前方に移動します。
今までは後方に広く広げようとして結構力みがあったんですが、
顎が前に出ると鼻腔が開きやすくなるのか、前方に小さな空間ができて、そこを響きの空間として使えるようになるんです。
感覚的には小さな空間なので、今までの努力を思うと物足りなくすら感じるんですが、
後方で響かせた場合より上ずりがなく、こもった感じも無くなります。

一言で言うなら素直な音…という感じ。

息の流れと体の使い方が素直になると音も素直になるんですね(・ω・*)

…例によって体の力みは日によっては頑固なもので、顎や首の後ろが緩まない時もまだまだあるんですが。。
きっといろんなところと連動してるので、この時のレッスンでは明るみに出なかった別の部分の緊張が影響してたりもするんでしょうね~。

顎関節の動きや構造についてはボディ・マッピングの本等で知識としてはあったんですが、
実際にどういう方向性を体に指示してやることで緊張を緩められるかは、やっぱり先生に教えてもらうのが一番納得できて確実だな~と思いました。

だって普通思いつきませんて…頬を掴みながらしゃべるとか…(笑)
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-07-28 18:35
土曜にアレクサンダーテクニークのレッスンに行ってきました♪
月1のまたりペースで通い始めて早半年。
毎回色々収穫があって面白いです^^

…が、なかなか1回ではちゃんと理解できないことも多いし、「できた!」と思っても一晩寝るとあれ、どうだっけ?ってことも…orz

でも、やっぱり回数重ねると少しずつ掘り下げて理解できるようになってきます。

わたしの場合、このレッスンに通ってる目下最大の理由というか、直したいポイントは、呼吸のしかたです。
前にも何度か書いてますが、わたくし、管楽器なんかやってるくせに、高校の頃から自然で楽な呼吸が分からなくなり(笑)いつもなんとなく息苦しい感じがしてました。
最初の頃は病院何件か回って検査してもらったりもしましたが、機能的には異常無しなので、不定愁訴で片付けられてしまってたんですよね。
なので、いつしか細い息で呼吸する事に慣れてしまってたんですが、PCを使った仕事をするようになってからは症状が悪化orz

整体とかも行ってみたりしたけど、まぁ、一時凌ぎで。(←整体師さん自身も言うんだから笑っちゃう。。。)
そんな時に2、3年前でしょうか。笛の先生に教えてもらったのがアレクサンダーテクニークだったのでした。

それで初めて実際にレッスンを受けてみたら、あまりにあっさり体が軽く、呼吸が楽になったので
今までのはなんだったの~~!!と衝撃を受けまして。
でも初回は断片的にしか言われた事が理解できなかったので、またすぐ元の癖に戻ってしまう部分が殆どだったんですが
それでも肩こりのような、力の入れすぎによる痛みは、自分で起こしてるものなので自分で無くすこともできるって分かったし、
その無駄な緊張のなくし方も、薄ぼんやりとは覚えられたので、それからはしばらくは関連書籍でお勉強してました(・ω・*)
レッスンてそれなりにコストもかかるので、二の足を踏んでたんですよね(^^;
でも、自力でも時々は上手くいくこともあるけど、やっぱりなんかよくわかんないんです。。
お料理の味は食べてみないと分からないのと同じく感覚として覚えなきゃいけないものなので。

そんなこんなでレッスンに通い始めたのが昨年夏。
最初はとにかく力を抜いてごろっと横になってる間に(※テーブルワークっていいます。)先生のハンズオンでするすると無駄な緊張が解けていくのを
おぉ~すご~~い!と思ってただけで、自力ではできる気がしなかったけどw
最近は少しずつですが、ひとつひとつの緊張をフォーカスしてとらえられるようになってきて、「こいつを逃がしてやればいいのねん(・ω・´)」と気付いて逃がせるようになってきました。

で、今回、特に呼吸に影響していた所が3箇所みつかりました!

1つは膝。
普段とっても内側に巻き込む力が入っていて、テーブルワークの時に先生がそれをよいしょっと外側に回したら、
途端に脚~足がゆるんで長くなった感じがして、同時に腰の周りの緊張も取れて息がするっと入ってきたのでした。
たしかに本に「腰~脚は筋肉で繋がってる」って書いてあったけど、それを身をもって実感した瞬間でしたわ~

もう1つは肩甲骨の内側。
これもテーブルワークの時に、「ココがもっと沈んでこれるとだいぶ呼吸が変わるかも…」と先生が示したところなんですが、ちょっと難しかったけど緩めることができました!
た、たしかに…(・ω・;)
ここを固めていると肋骨が前に突き出されてしまう感じがします。
そうすると、息を吐くときに横隔膜がスムーズに上に動けないので吐き切れない。。
前にも書きましたが、息が苦しい、ちゃんと吸えないというのは、要はきちんと吐けてないということらしいです。
息は吸うものじゃなくて、吐き出すのが上手にできれば勝手に流れ込んでくるものなんだとか。

3点目は骨盤!
座るときは、坐骨に体重が乗るので股関節は何にも妨げられず自由に動ける…っていう話は本でも読んでてさすがに覚えてきてましたが
今回は更に、その股関節が嵌っている骨盤も左右に広がれる、ということを教えてもらいました!
緩められると分かったところは自力で緩められるようにはなってきたので、骨盤も左右に…と広げてみると、
なるほど確かに。腹が据わった感じです。

その辺がわかったところでチェアワークなどをやり(立ったり座ったりという動作をするときの体全体のバランスを上手に取る練習)
最後に楽器を持って演奏時の主に呼吸についてのワーク。ひたすらロングトーン。。
息を吐くときに、どうしても肩甲骨の内側に力を入れて肋骨を固めてしまう癖が出て失敗orzというのが続いたけど
先生に首をぐいっと引き上げてもらいながらそのへんを緩めて、息を吐いていくと、
吐くにしたがって頭は上に、それに引っ張られて背骨が伸び、さらにそれと拮抗するようにかかとに向かう力が生じて(ここでお尻が出て腰が反ってるとこれがうまくいかないんだけど)
体が上下に伸びきり、息も吐ききります。
すると頭が投げ出されるように軽くなり、顎が楽に開いてまた空気が勝手に入ってきます。

おもしろーーーーい!!

毎回レッスンの時、呼吸はもちろんメインで見てもらうんですが、今回は特にすっきりとそのシステムが理解できたので、書いておくことにしました(・ω・*)

ちなみにレッスン後、カラオケにこもって2月のライヴ向けに1人リハをしてたんですが、
そのついでに↑の呼吸を意識しながらFly Me To The Moonとか歌ったら、まぁ、オンチなのは大して変わらないけど、少し声量がアップしました!
あと、何より息も顎の動きもすごくラクで、気持ちよく歌えました♪
楽器を持つと指の動きとか楽器を支持する腕の動きとかも加わるので、ちょっと難しくなるけど、歌はとっても呼吸のイメージが掴みやすくお勧めです^^
お風呂で歌練再開しよっとw

PC操作もわりとラクになったので、さくさく書いてたら
エラく長い記事になっちゃいましたが(いつもの事か)w

自分用の記録としてだけでなく、役立つお話かと思うので、また次回のレッスンについてもレポ書きます~ノシ
[PR]
# by bumblebee221 | 2011-01-17 23:13

たまには優雅に…

この前、日光旅行用に買った耳あてが、本日初めて活躍しました。

むはぁ~~あったかい(´ω`*)

これは手放せなくなりますな♡

去年も買おうと思いつつもなかなかいいのにめぐり合えず、そうこうしてる間に春が来ちゃったんですが
今年は早速ピンクベージュのかわい子ちゃんを発見できてよかったです♪

そんな急な冷え込みが辛い週半ばですが、先週末はお出かけ日和でしたね。

最近は週末っていうと、どうもレッスンかセッションで終わってる気がするので
たまには優雅に過ごしたい!…ということで、土曜は横浜に遊びにいってきました♪

…の前に朝少し早めに出て、リフレクソロジーとか行っちゃいました(´ω`*)うへへ
以前けっこうハマっていて、自分でも暇なときとか足裏の反射区をぐいぐい押したりしてましたがw
やっぱり人にやってもらうのは気持ちええ~起きたばっかりなのにまた寝ちゃいましたzzz

某丸井にあるお店でやってもらったんですが、いつの間にかエポスポイントが\1,000分溜まってたのと、
ウィンタータイムサービスだかなんだかで、10%引きになったのとで、実質\1,500ぐらいで済んでしまった。。ラッキー♪

んで、すっきりしたところで桜木町へ。
いつもは観光の人も多く華やかな雰囲気のみなとみらいですが、この日はちょうどAPEC開催中とあって、
すごい数の警察官と警備員が…

悪いことしてないんだけど、なんだか包囲されている気分。。。

でも、ランドマークタワーの中はスワロフスキーのツリーがあったりして、すっかりクリスマスムードでした♪

ってここまで書くとなんだデート日記か!と思われること請け合いですが、実際は女子2人でのお出かけでした(笑)
目的地その1は横浜美術館。
年末まで開催中のドガ展を観にいってきました~~♪
広告をあちこちで見かけるようになってから、絶対行かねば!と思って楽しみにしてたんですよねん^^
音楽も絵画も印象派が好きって、日本人らしいね!なんて言われようとも好きなもんは好きなんです!

もうね、ほんとに観に行ってよかった~!てか、最高です!!

今回の展示、何と言っても「エトワール」という絵が最大の目玉だったわけですが
閉館も近かった為か人もそんなに多くなく、けっこうゆっくりと眺める事ができました。

ほかにも素晴らしい絵はたくさんありましたが、この絵はやっぱり格別。
やわらかい光の中で踊るプリマドンナの表情がこの上なくかわいらしくて、思わず見とれてため息…(´ω`*)うはぁ

印象派の作品の何がいいって、この(´ω`*)うはぁ なんですよね~。
絵の前にソファおいて一日中ぼーっと眺めていたいもんです。

横浜美術館、そういえば絵を見に行ったのは初めてでしたが(演奏を聴きには行った事がある)、作品1点1点についてはもとより、画家の作風の変化や交友関係についての解説も非常に丁寧だったのが好印象でした♪
ただ、作品の点数としては132点(だっけ?うろ覚え)と書いてあったのに、かなりの割合で制作のためのデッサン(習作)が含まれていたのはちょっと残念(・ω・`)絵を勉強してる人にはいいのかもしれないんですけどねー。
素人目にはそんな無理してボリューム感出そうと思わなくてもいいのに…という感じ。
もうちょっとコンパクトでも十分見ごたえのあるいい作品ばかりでしたよ♪

ちなみに、ミュージアムショップはかなりヤバイです!!グッズがステキ過ぎていろいろ衝動買いしそうになりました(・ω・;)

アートを鑑賞した後は石川町に移動、中華街の中にあるジャズスポット(目的地その2)へ♪
Windjammerというお店、わたしは初めて入りましたが、一緒に行ったyaawさんは以前足しげく通っていたのだとか。

帆船をイメージした店内、とってもオトナな雰囲気。

生演奏でジャズが聴けます!!
カクテルおいしいです!!!
ごはんもおいしいです!!!
てか、ハンバーガーでかすぎ!!!!(直径18cm~)

近所だったら通うわ~コレ。

演奏はBGM的に30分おきぐらいで4、5ステージ。
いつもほぼ固定のベテランミュージシャンたちがやっているようで、この日はちょうどyaawさんお気に入りのテナーサックス吹き皆川亨さんが出演されていました☆
歌心のある素敵なサックス♪そして気さくなキャラクター。
ステージが終わると私たちの席まで来ていろいろお話ししてくださいました^^

練習のアドバイスなんかもして頂いたり…^^;ありがとうございます!
アドリブもアーティキュレーションも、楽器無しで口で歌ってみるところからですって!
おがてぃーからもよく言われてることだけど、ちょっとやってみようと思います(・ω・´)

リクエストいいですか?って聞いたらOKとのことだったので、コレかコレかコレ!と欲張って3曲候補を挙げたところ
Stella By Starlightがめでたく採用され、他の曲以上にたっぷりとソロも吹いてくれました!わーい♪♪

ちょっと遠いので、22:00にはお店を出たんですが(←終電。。。)
そんなこんなで朝から丸1日、とっても優雅な休日を過ごすことができました☆

やっぱり秋の横浜はいいな~♪
軽く遠足だけどみなとみらい周辺、大好きっす(´ω`*)
今度は中華街にでっかい肉まんを食べに行きたいと思います!


さて。
平和な週末、2日目(日曜)は、1ヶ月以上ぶりに相模原のSBJCのジャズセッションに行ってきました♪

リスナーさんもちらほらいらしたので、そんなに寂しい感じではなかったのですが
演奏者として参加していたのが7名だったので、ものすごいヘヴィーローテーションでしたwww
この日は自分が参加しただけで9曲…

I'll Close My Eyes
You'd Be So Nice To Come Home To
Autumn Leaves
My Romance
Softly, As In A Morning Sunrise
East Of The Sun
Armando's Rhumba
B♭のブルース
I'll Remember April

変わりばえしないレパートリーですが致し方ありません(笑)
いつもやってる曲はもうちょっと余裕のある演奏ができてもいいんじゃないかって気もしますが。。
…いや、余裕だなんて、書いてみたけど一生ムリな気もしますww

あ、メンバーがメンバーだったので、ついやってしまいました、Armando's Rhumba。
Cmはじまりなのに思いっきりEに♭付け忘れたのは内緒です(一人ポップなサウンドになりました)。
3週間前に発表会でやったはずなんですけどねww

そんな感じで、マスター不在だったのはちょっと寂しかったですが、常連さんが多く和気あいあいとした雰囲気で楽しめました♪
わちさんはじめいつもの方たちが上手に仕切ってくれてたおかげですね。ありがとうございます!

次回もリハの出来があまりにも悪かったりしない限りは顔を出せそうなので、行く予定の皆様、よろしくです~

ちなみにリハは12/1のライヴ向けのです~。
12月頭、ノー残業デーの水曜日!よかったらぜひ遊びに来てください♡
[PR]
# by bumblebee221 | 2010-11-17 21:34

バップに挑む

先週末の日光合宿(毎年恒例の「ほのぼのコンサート」)でとりあえず大小いろいろの本番が全部終わりました~

昨日はそんな週末の疲れが出たのか、体中無駄な力入りまくりで笛が全然鳴らず(-ω-;)
まぁ、そんな日もあるよね…と思いつつ12月のライヴ向けに練習開始しました♪

先生に勧められて早速買ってみたチャーリーパーカーのオムニブック(アドリブの完コピ譜面集)。
何人かに聞いたら、フロント楽器の人も鍵盤楽器の人も、けっこうがっつりやった、って人がいまして。
やっぱりバップのフレーズを仕込むにはコレが一番支持されてる本なのかな~となんとなく納得。

バップなんて絶対ムリと思ってたけど、試しにちょっと吹いてみると、意外と自分でもたま~~に使ってるフレーズが。
そういえば以前ジャズフルートの教則本で一生懸命フレーズ練してた事があり
その時のフレーズが時々手ぐせ的に出てくる模様。。
で、パーカーのオムニブックは、そういうフレーズがもっと濃い密度で登場するという感じです。
て言ってもまだ全然最初の2ページぐらいなんですけど。

何のコードのときにどの音から初めてどこに向かってるのかとか、分析したら面白そうだけど
なかなか時間かかりそうですわー。。

それにしても慣れていないとバップ的な指の動きは本当に難しい(><)
手癖にできるまでがんばるお(・ω・´)


ところで、「音楽家なら誰でも知っておきたいからだのこと」という、アレクサンダーテクニークとボディマッピングの入門書みたいなのがあり、わたしはクラシックフルートの先生に教えてもらって以来バイブルのように持ち歩いてるんですが(←肩こりに効くからw)
これの内容についてまとめ、ちょいちょい分かりやすい解説をそえてあるページを見つけたのでご紹介します♪
http://www.tamatele.ne.jp/~andover-hiro/vocalc1.html

特にわたしがなるほどーと思ったのが、「♪ レッスン3  喉と首」のところ。
いわゆる「喉を開ける」についての誤解が解けました。

わたしは「喉を開ける」と言われたとき、今まで下に下に広げようとしてきたんですが、響きの空間はむしろ上にあるんですね!
音楽の授業で、歌を歌うときに「頭の上から声を出すように~」みたいなアクロバティックな表現がされることがありますが(笑)それはこの鼻のうしろの空間を上手に使って響かせる、という意味なんじゃないでしょうか。

フルートもボーカルと共通点が多いので、実験してみたところ
下方に広げる代わりにこの空間を開放するようにして吹くと、とてもラクにいい音が鳴りました(´ω`*)

でも、この空間は、首の後ろ(後頭下筋)が緊張して頭を下に引っ張ってる状態ではがうまく広がってくれません。まずは首から頭のプレッシャーを無くすという原則は常に変わらないんですね。

そんなこんなでアレクサンダーテクニークのレッスンには8月の合宿も含めると月1ペースで行っている今日この頃。
こんなまったりとしたペースながら、それなりに効果は実感できています(・ω・*)

本番とか人前での演奏となると、そんなに緊張してるつもりはなくても体の方に明らかに出るわたくし。
腰を反り気味にして背中を固める癖があるため、いつも何となく息が苦しい感じがしていたんですが、本番前になるとコレが一層ひどくなり、音楽に集中できないということが常だったんですが、これをだいぶコントロールできるようになりました♪

なので、10月の本番はいつもの練習どおりのところで安定したブレスが取ることができ、曲を歌う余裕があったので、多少のミスはあったけど今までに無く自由に演奏できたので満足度がとても高かったのです。

ラクに演奏できるって本当に素晴らしい!
今月も予約入れないと♪

さて。
クラシックモードはしばらくお休みして
またアドリブって何!?状態からジャズ練再開です~w
明日は久しぶりのおがてぃーレッスン♪
チャーリーパーカーのConfirmation、15回ぐらい連続再生してみたけどなかなかアドリブの流れ覚えられない。。。orz
学生の時は歌の歌詞も曲も2,3回聞けば覚えられたのになぁ(´ω`;)
[PR]
# by bumblebee221 | 2010-11-10 23:38

本番は続くよどこまでも

急に冬の寒さが…(><)
今日は冬物のコートで出社。まだ10月なのに~!寒さに激弱なわたくし、この冬も無事乗り切れるのか心配です。。。

さて。
先週土曜、ジャズのレッスンでお世話になっているスクールの発表会が終わりました♪

大好きなチックの曲だし、曲自体アゲアゲ(笑)な感じだったので、
メンバーみんなすごくいいテンションで演奏できました^^

逆にこういう曲って、スタジオリハの時はどうもはっちゃけきれないというか…
けっこう微妙な回が多かった気がします^^;
メンバーみんな基本的にすごく真面目なので、練習たくさんしてきてました。
自分も含め、それぞれ個人的な反省はたくさんありますが(ピッチが…テンポが……)
その成果、出せたんじゃないかと思います♪

かれこれもう4回目の発表会。

相変わらず基礎的な部分をすっ飛ばしてきてるので、ちょっとセッション行かないとアドリブ取れなくなったりとか、未だにしてますが(><)
今後はそんな風にならないように、前の記事にも書いたとおり練習の仕方をちょっと変えてみようと思ってます。
急がば回れ!
レッスンでも基礎練メインでやらしてもらおうかなぁ。

そして今週土曜は、クラシックでお世話になっているYoriさん門下生の発表会。
「コンサート」という形じゃないのでいつもよりはちょっと気楽ですが、
先週までライヴやら発表会やらが続いていたせいもあり、こちらは練習不足ぶりが半端なく…orz
曲の流れを覚えてないとか、この期に及んでどうなの!?というような状態。

日曜はここでお披露目予定のカルテットのリハだったんですが、単純に練習量でカバーできる問題が大量に露呈するという情けないレッスンになってしまいました。
それでも夏合宿を思えばだいぶマシになったというもの(^^;

1週間、最低限個人練でできる事はやっとかないと…と思い、月曜は今まで放置気味だった(…って言うとメンバーにも先生にも怒られそうですが。。)カルテットの譜面を改めて丁寧に浚い直してみました。

最悪だったのは2楽章。
ほぼ一定テンポの3拍子の曲なんですが、この度初めてメトロノームをこの曲の練習に導入してみたところ
ほんっとにありえないテンポのぶれっぷりorz
速攻でtwitter経由でメンバーに陳謝しました。。。でも、ここで気付けてほんとに良かった!

拍感とかピッチとかって、音楽的表現以前に聴く側の快・不快を左右する部分だけど
自分で客観的にモニターするのは、それなりに感覚を鍛えないと難しいもの。
そればっかりに頼るのは逆効果だけど、便利な器械を上手く使えば十分に改善の余地があるポイントだから(ブラスやってた時はどっちももうちょいマシだったはずだし…。)おろそかにしてはいけないですね(・ω・`)

それから、改めてアレクサンダーテクニークのレッスンで教わってきた事と
Yoriさんに教わってきた笛の支えや呼吸の事とを合わせて、演奏するときの状態を再確認。
わたしのウィークポイントは顎と舌なんですが。。。

…と言っても、顎と舌さえ緩めればいいかというとそういうわけではなく(><)
体は1つなので、どこかバランスが崩れてそれを補おうとして…という結果が顎や舌の緊張になってるんですよね。

今日は久しぶりに舌と顎の緊張を抑えられたのですごくラクに吹けました♪
あとは楽器の支え方を再度見直したら楽器の重さを殆ど感じないポジションを発見!
ピッコロより軽いお~!!

せんせいに言われた事を思い出してゆっくり再現してみただけだけど、やっぱり普段は忘れてるんだな~。
楽譜の隅に書いておこうかしら…

いつも大体練習を始めてからしっかりした音が鳴り始めるまで1時間ぐらいかかるんですが
演奏会の本番やセッションやライヴでは、ただでさえ緊張する上にじっくり体のコンディションを整える時間がないので、この時間をいかに短縮するかが目下最大の課題です。


そんなわけで、何はともあれ今週末はクラシックの発表会です~

その翌週末は日光で毎年恒例のほのぼのコンサートです~

12月1日はアニソンライヴ@秋葉原です~

年内はこの辺で打ち止めに…(´ω`;)

で、
来年2月にはまたバースデーライヴをやることに…
大丈夫なんだろうか。。。と思いつつ半ばムリヤリ。。

この2、3日、それに向けた選曲も兼ねて過去のライヴの録音を聴きなおしたりしてるんですが(自虐)
どう聞いても今年5月のがその前2回よりもヒドイのにすっかり血の気が引き
お店にブッキングの連絡をした後に撤回しようかと本気で思いましたorz

やっぱりまだまだまだまだアドリブで何とかしようとか、考えるには拙すぎる。。

でも、こういう機会が無いとがっつり練習することも無いし。
とりあえずやることにして、できるだけの練習した後に書き譜でやるか再度考えよう!という
折衷案に自分の中で落ち着いたのでした。

やるからにはがんばるお~!

じつは殆ど候補曲も決まってるので、後はこの辺の曲を楽しんでやってくれそうなメンバーをリクルートするのみ(´ω`*)


あーー

早くジャズ練してーー
[PR]
# by bumblebee221 | 2010-10-28 23:12

発表会前なので…

最近眠り病じゃないかと思うぐらい、いつもおねむで困りますzzz

今週は約1ヶ月ぶりにセッションとか行ってみたんですが
音とリズムに対する反射神経とか集中力が全く発動せずorz
同じフレーズがループしまくるわ、もたるわ、走るわでぐっちゃぐちゃだった~~!!

…え、いつものことじゃん、て?(・ω・;)

怖すぎて録音できませんでした。。。

今月はジャズもクラシックも発表会があるので、ジャズプロ終了後はそれ向けの練習ばっかりしてるわけですが、なんでも「そればっかり」っていうのは良くないなー、って最近思います。

いや、、正確に言えば、その「曲のため」の練習ばっかりって良くない。

本当は、別の曲をやったときにも応用できるように、リズムをいろいろ変えてみる練習とか、アルペジオを各コードトーンから始めて上昇系と下降系でやってみるとか、指とタンギングをきれいに一致させるような練習とか、もちろん各種スケール練習とか…

もっと応用範囲の広い練習を多めにしていかなきゃなーと。

逆に、これらをサポってるせいでクラシックは曲を指が覚えるぐらいまでやらないとできないし、
ジャズも1コーラスでネタ切れ…みたいになるんだと思うんです(´ω`;)

…て言ってる今日はジャズの発表会前日なわけですが (爆
自分の次回リーダーライヴ向けにはそんな感じで、練習の仕方をもうちょっと変えていこうと今から反省しておくことにしますw


今回のお題、Armando's Rhumbaは、既にレッスンでも家でもたくさん練習したので(まだ苦手なところはあるけど)、これ以上家に引きこもって練習するよりは、外で誰かと合わせたいな~と思い
昨日のセッションに持っていってみましたw
この曲を弾きなれているピアニストさんもいらしてたので、ここぞとばかりにリクエスト。
ベース、ドラムにはホストバンドの方たちに入っていただきました。

思いのほかテンポが速くなってしまい、テーマさえもついていくのがやっとでした(^^;
でも、個人練では自然と手ぐせ的に出てくるフレーズもこうしてバンドでやると全く出てこなかったり(緊張とかテンポの違いももちろんあると思うけど)、逆にいつも思いつかないフレーズが突然出たりとか、いろんな現象が起こるんですよね。
セッションてほんと、すりりんご…じゃない、スリリング♡

チック好きなピアニストさん、この曲弾いてる時は明らかにほかの曲の時よりテンション高かったw
ホストのベーシスト&ドラマーさんは、曲は一応ご存知のようでしたが、楽譜は初見のようでした。
それでもユニゾンのパートにもほんとに果敢に挑んでくださり、感動♪♪
曲の後に譜面回収しようとしたら、「もらってもいいですか?」って。

楽しかったらしい(´ω`*)

ユニゾンのパート、練習したいって^^
こういうのうれしいな~♡

自分でしっかり仕切れなきゃ崩壊しちゃう危険があるけど
たまには勇気を出して曲の持込みしてみようw
(※今回はピアニストさんがほぼ仕切ってくれました)

そんなこんなで明日はジャズの方の発表会。

こう、セッションとか行きなれてしまうと
参加費のわりに1曲か2曲しか演奏できない「発表会」っていうのがなんとなくプライオリティーが下がりつつあり。。。(ナマイキ発言)
出るのは今回で最後にしようかなーと思ってるんですが(´ω`;)
その分、最後ぐらいはしっかりいい演奏をしないと!!

発表会終わったらまたブルースからレッスンし直してもらいたいなぁ…
あとStella By Starlightとかももう一回しっかりやりたいし。
All the Thingsも…はまだ無理か。。。orz

なんて言ってるうちに12/1のライヴの準備でいっぱいいっぱいになるんだろうな(´ω`)

その次は恒例の(と言っても今年はできなかったけど)バースデーライヴを2月19日(土)に企画中です♪
どんな曲やろうかな~
20代最後になるしねー。オトナらしく(?)ジャズいっぱいやりたいな~♪
[PR]
# by bumblebee221 | 2010-10-22 19:41

足と呼吸のこと

買ったばかりの慣れないハイヒールを3日間履きっぱなしだったら、脚~足が疲れきってしまいました(´ω`;)
ちょっと動かすと攣るって相当ヤバイわよね。

ちょうどこの間のアレクサンダーテクニークのレッスンで、足(以下「脚」も含む)の緊張が呼吸の邪魔をしてるって言われたばかり。
(足が緊張⇒尾てい骨が上がって腰が反る⇒呼吸に関与する筋肉が緊張)
寝る前にマッサージとかしてみたもののなかなか手強く、寝てる間もバランスを崩したままになってしまい…
この数日間は睡眠の質が最悪でしたorz

あぁぁ寝不足。。

その上仕事でも得意先の不手際に付き合わされてイライラ&あっちこっちへの緊急メールに必死になってるうちにひどい肩こりが復活してしまい、今朝はほんとに辛かった。
でも、落ち着いてレッスンでやった呼吸を思い出して調整していくと徐々にすっきり♪
息の流れがスムーズになっていくと背中⇒足と緩んでいくのもわかります。
やっぱり体は全部繋がってるんですねー(・ω・*)

あ、体だけじゃなく、心の方も。
体の不快感が無くなると同時にイライラも解消します。
逆に体のよけいな緊張がなかなか取れないときは、どうしても何かが許せなくて拘っていたり、そういう心理状態だということに最近気づきました。

この辺がうまくコントロールできるようになったら、舞台上での緊張なんかにも負けなくなりそう…

それにしてもハイヒールはやっぱり疲れる(><)
でも履きたい!

今度アレクサンダーのせんせいにハイヒールを履く時の体のバランスとかも教えてもらおっと♪
でもせんせい、靴自体普段あんまり履かないから一日履いてると疲れて泣きそうになるって言ってたなぁ…。。
参考になるんだろうか(^^;
[PR]
# by bumblebee221 | 2010-10-12 22:48

プリンジプシー

最近なかなかわたし好みのプリンが見つからず、困っています(・ω・`)

お昼ごはん食べ終わったあと、時々会社近くのコンビニにおやつ(=プリンかアイス)調達に行くんですが、
プリンに関しては、どうも「コレや!!」っていうものにめぐり合えず
実はけっこう妥協していろいろ買ってみては残念な結果に終わっております。

所詮コンビニのデザートなんだから文句言うな!と言われそうですが、
ちょっと前まではお気に入りもあったんです。

具体的にどのようなプリンが好ましいかというと、
1.固めのカスタードプリン(かぼちゃ味でも可)
2.生クリーム不使用(か、少なめ)
3.カラメルはさらさら
4.お値段は¥137以下
5.ほどよい甘さ
6.量もほどよく(140g以上は不可。)


要するにごくベーシックなカスタードプリンが良いのです。

最も多くのコンビニに置いてあるカスタード系のプリンといえば森永乳業の¥105焼プリン。
しかしこれは5.と6.が残念ながらNGであります。

一番好みに近いのはメイトーのカスタードプリンで、上記条件をほぼ完璧に満たすプリンなのですが、これがなかなか近所のコンビニには置いていないのです。

実はメイトーのプリンシリーズではかぼちゃのプリンも毎年秋になるとレギュラーで発売されており、これが上記カスタードプリンを超えるネ申プリンだったのです。

しかしどうも昨年の秋からレシピが変わったらしく…
固めのカスタードから生クリームを使ったなめらか系になっちゃったんですよね(・ω・`)
でも、今年は去年よりはほどよく固さが戻った気がするので(自分が慣れただけ??)、今一番リピ買いしてるのはコレなんですが。

まぁ、半熟○○とかなめらか○○とか最近流行ってるし、それはそれで悪くないんだけど
やっぱり前のバージョンの方がおいしかったので、すごく残念。。
世の中の流れにわたしの味覚がついていけてないのか…orz

それでもメイトーはわりと堅実な商品開発をしてると思います。
なめらかとろとろ系がウケるなら、そういう方向にレシピを変えるのは止むを得ないかもね、と若干贔屓目でみてしまったり(笑)

一方で、季節ものとか流行ものは、とにかく一瞬でも売れればいい!というスタンスで作ってるんじゃないかという、インパクトだけの商品ばっか出してるメーカーも目に付きます(・ω・´)

下手の鉄砲も…って思ってないか!?


それでも食べられないレベルのものはそんなに無いんですけど、、、この間のアップルパイプリンはかなり際どかった(´ω`;)

プリンとアップルパイは、わたしの中で特に大好きなスイーツです。
でも、これら2つを安易に合体させてはいけない!!
どちらかの甘さを抑えることでバランスを取ることが必要なのに、どっちも激甘っていうのは…orz

ファッションも甘x辛のバランスが~とか言うじゃないですか。
もちろんプリンに辛さは求めませんが(自分で書きながら食べるラー油プリンとか…想像してしまつた。。。)


そんなわけで、不平不満をだらだら書いてしまいましたが。。。
求む!シンプルでおいしいプリン!!


…久しぶりにユーハイムのプリンとアップルパイが食べたいなぁ。。(´ω`*)
[PR]
# by bumblebee221 | 2010-10-07 23:14